記事一覧

little sunny biteのコラボアクセがデビュー

アップロードファイル 8-1.jpg

ガーリーの中にエッジィさが潜む、独特の世界観でファッショニスタを魅了するlittle sunny bite(リトル サニー バイト)から、アクセサリーラインが7/15(水)デビュー!

第1弾目となる2015年秋コレクションでは、「peeking little sunny world」をテーマに、ガールズの内面を引き出すアイテムを展開。パールチョーカー、SUNNYプレートネックレス&バンクル、パールリング&ピアスをラインアップ。ポップだけど繊細なデザインは、日々のスタイリングを上品にアップデートしてくれる。

イメージヴィジュアルには、女優としても活躍する要注目モデルの小松菜奈を起用。チョーカーをカーラに見立てたアニマル風や、可憐なレースとキャッチーなアクセサリーの異素材がセッションするガーリーテイストなど、キュートだけど少し毒っ気のあるヴィジュアルが完成。

little sunny biteがお届けするリトルサニーワールドをお見逃しのないように♡

リリー・ローズ・デップが全身「シャネル」でハロウィン NYの遊園地でパーティー

米ファッション誌「V マガジン(V Magazine)」と「シャネル(CHANEL)」が10月26日夜、ニューヨーク・ブルックリンのダンボ地区にある遊園地、ジェーンズ カルーセル(Jane’s Carousel)でハロウィンパーティーを開催した。

 「V マガジン」2018年冬号の発売を記念して催された同パーティーには、この号の表紙を飾ったリリー・ローズ・デップ(Lily Rose Depp)が「クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」のブーツ以外は全身「シャネル」を着用して登場した。会場には遊園地にインスパイアされたというコスチュームで来場したジェレミー・スコット(Jeremy Scott)の他、ジョーダン・バレット(Jordan Barrett)、パク・スジュ(Soo Joo Park)、デヴォン・ウィンザー(Devon Windsor)らモデルも仮装をして来場した。

 スティーブン・ガン(Stephen Gan)「V マガジン」編集長も一目では誰だか分からない全身ホワイトのジーニー風のコスプレで登場し、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の仮装をした子どもたちと、リリー・ローズを交えて記念写真を撮っていた。「V マガジン」18年冬号は11月8日に発売予定。リリー・ローズを起用した表紙の撮影はルーク・ギルフォード(Luke Gilford)が手掛けた。リリー・ローズと、同じく「シャネル」のアンバサダーを務めるクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)との対談インタビューなどが掲載される。

MONKI×NYLON JAPANが贈るショッピングパーティへご招待

アップロードファイル 6-1.jpgアップロードファイル 6-2.jpg

9月に待望の東京上陸を果たし、原宿のNEWショップとして早くも大人気なスウェーデンブランドMONKI(モンキ)。GirlsAwardでのコラボステージに引き続き、今度はNYLON JAPAN読者限定のショッピングパーティを開催☆ NYLON.JPをチェックしてくれている80組160名様をご招待!!

開催は10月26日(土)の夜。パーティではショップ内の全アイテムが25%OFFで購入できる他、ドリンクサービスやナイロニスタDJによるグッドミュージックも楽しめる! NYLON JAPANでお馴染みのガールズも遊びに来る予定なので、itなスタイリングアドバイスも聞けちゃうかも♪

このイベントに参加したいという人は、下のエントリーボタンから今すぐご応募を! 応募受付は10月21日(月)までなので、プレミアムな機会を絶対に見逃さないで!

スキニージーンズの選び方とおすすめのメンズスキニージーンズ

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpgアップロードファイル 4-5.jpg

細身のシルエットがスマートなスキニージーンズは、持ってるだけで着こなしの幅がグッと広がる優秀アイテム。自然なIラインは脚をほっそりと見せ、品のあるおしゃれなメンズの印象を与えてくれます。定番ボトムとして人気のスキニージーンズ。今回は失敗しないサイズ選びとともに、おすすめのスキニージーンズをご紹介いたします。
まずはじめに確認したいのが自分の太もも周りのサイズ。この部分がぴったりすぎると窮屈そうな印象に、ゆったりすぎるとせっかくのスキニーシルエットが台無しになってしまいます。太もも部分にだいたい1~2センチほど余裕をもたせたサイズがジャストサイズ。さらにウエスト部分に3センチほどの余裕があれば完璧です。
ぴったりとしたシルエットのスキニージーンズを選ぶ場合に重要なのが、ストレッチ素材のものを選ぶこと。窮屈さを感じるものはどうしても穿かなくなってしまいますよね。タンスの肥やしにしないためにも、ノンストレスで動ける素材かどうかの判断をきちんとするようにしましょう。伸縮性のあるスキニージーンズは動きやすく、スポーツ時にもおすすめですよ。
シェービング、トッピング加工を施したヴィンテージな風合いがおしゃれなスキニージーンズです。肌触りのなめらかなデニム生地は脚に、フィットするコンパクトシルエットで動きやすい仕様になっています。脚のラインにきれいに沿ったスキニージーンズは、品のある大人のメンズを演出。カジュアルスタイルにおすすめのスキニージーンズです。ラフな着こなしを楽しめます。
伸長率、回復率に優れたストレッチ素材を使用したスキニージーンズは、らくらく開脚まで行うことができます。回復率を高くすることにより、ストレッチ素材の弱点でもあるひざのシルエットの出やすさが軽減。よりきれいなスキニーシルエットを楽しむことができます。ビームスならではのクオリティを感じさせるスキニージーンズです。
一見定番のスキニージーンズですが、裾に入ったファスナーがインパクトのあるデザイン。ハイセンスさを感じさせるスキニージーンズは注目されること間違いなしのおしゃれアイテムです。アメリカンラグシー独自のストレッチ素材で快適な履き心地。

すでにスキニージーンズをお持ちの方にもおすすめしたい、華やかな1本です。また、こちらのスキニージーンズは日本を代表するジーンズブランドが監修した1品。ハイクオリティーのメンズスキニージーンズを楽しめます。
立体的に施されたヒゲ加工や色落ち具合が、リアルなヴィンテージ感あふれる、ヴァンキッシュらしいスキニージーンズです。クールマックス糸を使用したスキニージーンズは清涼感があり、これからの春夏にうれしいですよね。

スキニーの中でも特に細身のシルエットは、ジャケットなどきっちりとしたスタイルにも使える頼もしい味方。カッチリスタイルとカジュアルスタイル両方のコーデにスキニージーンズを取り入れたいメンズにおすすめの1品です。
ワンウオッシュを加えたネイビーのスキニージーンズは、脚をより細く見せてくれる引き締めカラーが魅力的。普段あまりスキニーシルエットを穿かない方にも、ぜひおすすめしたいスキニージーンズです。定番のデニムの風合いは、幅広い着こなしに使える万能アイテム。

スマートなシルエットでトレンド感あふれるスタイリングに。
コーティング加工を施したほどよいツヤ感がおしゃれなスキニージーンズです。伸縮性の高い素材を使用しているため、細身のシルエットでもストレスなく快適に穿くことができます。日本人に多いとされるO脚に合わせたひざのダーツで、より脚にフィットするデザインになっています。コムサイズムらしいシンプルさが光る1本。
スキニーの中でも、より細身のシルエットのスキニージーンズを楽しみたい方におすすめしたいのがこちらのアイテム。細めにデザインされた裾がよりスタイリッシュな印象を与えてくれます。絶妙なブラックのカラーも個性的でおしゃれですよね。ストレッチ素材で動きやすさも抜群。洗練されたシルエットが美しいスキニージーンズです。
ホワイトデニムが春夏のスタイリングにぴったりなスキニージーンズは、パッと明るい、さわやかな印象を与えてくれます。イージー仕様のスキニージーンズはチャック部分の内側に調節ひもがついていたりと、楽に穿ける仕様になっています。

スキニーファンはもちろんのこと、スキニージーンズを取り入れたことがないメンズでもパッと取り入れられる1品のためおすすめです。継続して人気のホワイトデニム。トレンドのスキニージーンズでコーデしてみてはいかがでしょうか?
こちらのホワイトのスキニージーンズは、ギルドプライムらしい遊び心あるデザインが人気です。ヒップポケットにはギルドプライムオリジナルのファスナーや、トリコロールカラーのダブルサーベル刺繍入り。きれいめスタイルのちょっとした外しアイテムとしても使えるデザイン。

見た目にも涼しげなスキニージーンズです。春夏コーデに取り入れたい1本。キレイめコーデをしたい方におすすめのメンズスキニージーンズです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ