記事一覧

ロシア・ウクライナ危機が変える時計市場。業界の動向はいかに?

2022年2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻は、今や世界各国に大きな影響を及ぼしています。

先進国ではロシアの軍事行動に非難の意を示すために経済制裁がスタートし、また各企業も事業撤退の動きが広がることとなりました。

そんな中、時計業界も決して無関係というわけにはいきません。なぜならロシアは、世界的に見ても小さくない時計市場の一つであるため。時計業界内でも撤退するブランドが相次ぐ今、ロシア市場を中心に、大きな波紋を呼んでいます。

この記事では、ロシア・ウクライナ危機によって時計業界が見せた動きと、実勢相場等、今後への影響について解説いたします。

ウクライナ危機から見る時計市場①ブランド・事業各社がロシアから撤退

日経新聞が報道した米エール大学の集計によると、2022年3月13日時点で、ロシアからの事業撤退・縮小を公表した企業は350社に到達するとのことでした。その中にはアップルやマクドナルド,スターバックスにアディダス、ユニクロなどといった飲食・リテール企業はもちろん、トヨタなどの製造業、金融機関などが名を連ねます。

こういった企業はロシアへの抗議の意味合いはもちろん、併せて物資調達に不安を抱えての決定も背景にあることでしょう。

そして、時計業界からも撤退を開始した企業が散見されます。

もっとも時計業界での動きは「遅い」などといった批判もあったようです。詳細は後述しますが、高級時計は資産です。ロシアにはオリガルヒと呼ばれる、国内でごく少数の豊かな生活を送っている富裕層が存在するのですが、現政権を資金面で支えていると言われています。このオリガルヒが貯蓄を時計に替え、資産を守る動きを助長するといった側面が高級時計ブランドの販売継続にはあったためです。

しかしながら3月初旬、スウォッチグループがロシア国内での供給を一時停止すると発表します(店舗営業は続いていたようです)。

次いでLVMHグループとリシュモングループも、ロシア国内での事業停止を公表しました。これにはケリンググループも続いており、主要コングロマリットのウクライナ侵攻への姿勢はおおむね揃ったと言えるでしょう。ちなみにLVMHはウクライナでの戦禍による犠牲者のために、500万ユーロを赤十字へといち早く支援していたコングロマリットでもあります。

3月8日には、ついに時計業界の大御所ロレックスも供給ストップに加わることがBloombergより報じられます。

ちなみにブライトリングは既に2月28日にロシアへの製品供給を停止していたようです。なお、ブライトリングCEOのジョージ・カーン氏はロシアのウクライナ侵攻への街頭抗議に参加しています。

そしてオーデマピゲとリシャールミル、パテックフィリップもこの流れに追随することとなりました。

オーデマピゲコピー ロイヤル オーク 26331BC.GG.1224BC.03 フロステッドゴールド クロノグラフ

リシャールミル スーパーコピー RM35-02 FQ RAFA ラファエル・ナダル パヴェダイヤモンド

パテックフィリップ スーパーコピー パーペチュアルカレンダークロノ 5270R-001



さらに特筆すべきはChrono24(クロノ トウェンティーフォー)の動きです。

Chrono24とは、2003年に設立された、高級時計専門の巨大ECプラットフォームです。越境ECを行い、さらに22か国の言語に対応していることがミソ。また独自の買い手保証制度やコンテンツ制作を担うなど、時計業界に新しい風を吹き込んでいる立役者的存在です。

このChrono24も、3月1日にロシアでの取引停止を表明しました。なおロシアからの出品もサイトから除外されている状況です。同時にウクライナを支援するキャンペーンも従業員間でスタートしているとのこと。ウクライナ現地からのニーズに合わせて、物資を供給できる仕組みを構築していると言います。

以上のことからもわかるように、他の企業同様に時計産業からも、ロシアからボイコットしようとする動きが見られています。

なお、冒頭でも述べたように、時計業界にとってロシアは決して小さい市場ではありません。

スイス時計協会(FH)が公表した2021年の統計によると、スイス時計輸出額で見た時、ロシアは世界第17位の市場となります。ちなみに2020年と比べると+35.3%、2019年(新型コロナウイルス直前の2019年は、時計市場にとって非常に好調な時期であったため、しばしば同じく好調であった2021年との対比に使われています)と比べても+30.6%と、大きな成長を遂げている市場でもあります。同時に、ロシアへのスイス時計総輸出額は1億9140万スイスフランとなっております。


【関連記事】:https://www.pomnal.com/artist/diary.cgi

コメント一覧

エアマックス95 偽物 URL 2022年03月24日(木)17時39分 編集・削除

誕生から20年超の今でも 絶大な人気を誇る、 ナイキのエアマックス95。