記事一覧

ロレックス スーパーコピー シードゥエラー ディープシーの本質が見えてくる

ロレックスは、小さな微調整や改良を加えながらも、決して一度に大きな変更を加えることなく、未来に向けて少しずつ歩みを続けることでよく知られている。しかし、あるモデルライン、つまりシードゥエラーとその55年の歴史を俯瞰してみると、ロレックスの本質が見えてくる。シードゥエラーとは常に深海への挑戦であり、ディープシー チャレンジはその次のステップで、文字通り海の底(マリアナ海溝の最大深度は1万984mで、チャレンジャー海淵と呼ばれている)まで評価できる時計を生産しているのだ。

ロレックス スーパーコピー シードゥエラー ディープシー 126660

前モデルの116660と同様に装備される“リングロックシステム”は、中央のセンターリングを上側から厚み5mmのサファイアクリスタルガラス、下側からグレード5チタン合金製の裏蓋で挟み込み、3900mもの驚異的な防水性能を保証します。
ケースラグのデザインの変更やブレスレットの幅を広くしたことの他に搭載されるムーブメントが最新キャリバー3235に変更されたことが最大の特徴です。
脱進機自体を軽量化したクロナジーエスケープメントや、耐磁性や耐衝撃性に優れたブルーパラクロムヘアスプリングを搭載し、さらに香箱の壁の厚みをこれまでの半分にすることでパワーリザーブを48時間から70時間まで飛躍的に向上させています。

さて、ここで2012年から生産されているチタン製ダイバーズウォッチ、チューダー ペラゴスを比較する価値はある(その魅力は今年、ペラゴス39が発表されてさらに広がった)。ペラゴスと異なり、ディープシー チャレンジは、ブランドの現在のダイバーズウォッチ技術(我々が知るすべての技術)をすべて投入し、大量生産用に設計されながら、最大限のスペックを備えた新しいチタンパッケージとなっているのである。

確かに、ディープシー チャレンジの絶対的でちょっとふざけているかのような防水性能を実際に使用することは、ほとんどの人にとって無理なことであり、そのスペックは理論上でという形にとどまるだろう。しかし、真剣な愛好家たちにとっては、わずか半年前に登場し、すでに無茶な深度評価を得ていた、最も深く潜れるライバルであるオメガ シーマスター ウルトラ ディープの有効深度評価を2倍にする、重大なアップグレードなのだ。これまで、1960年の初代ロレックス ディープシー スペシャル、2012年のキャメロンのプロトタイプ・ディープシー チャレンジ、そしてオメガのウルトラディープのプロトタイプなどが、マリアナ海溝の底を旅して文字通り海の底に到達した唯一の時計である。そして今回、ロレックスは同じ深さまで到達できる腕時計を商業生産用として発表した。このような技術力を持つ時計を大量生産できるのは、ケースサイズに関係なく、工学的な偉業と言えるだろう。

さらに、自らの技術的限界を押し広げようとするブランドの継続的なコミットメントが、おそらく最もエキサイティングなことだ。50年代にダイバーのためにサブマリーナーを、60年代にはSEALAB隊員のためにシードゥエラーを製造したブランドにとって、ディープシー チャレンジはその物語の次の章にふさわしいものであると言えるのだ。

コメント一覧

海外のファッショニスタ URL 2022年11月17日(木)19時28分 編集・削除

2022最新トレンドファッション情報、海外のファッショニスタの着こなし、最旬コーディネートのポイントなどなどブログで紹介しています

50代男性に人気のメ URL 2023年07月28日(金)03時54分 編集・削除

メンズ腕時計は時間管理に必要なアイテムであると同時に、男性をおしゃれに見せるアイテムでもあります

コンビモデルの時計を 2023年11月30日(木)17時35分 編集・削除

愛憎入り混じったチョイスだが、厳しさと優しさの両方の心で選んだ。

904l 時計 2023年12月08日(金)22時52分 編集・削除

904 ステンレススチールを使用した時計は、耐久性と輝きが特徴です。

デイトナ サイズ 2023年12月12日(火)13時38分 編集・削除

デイトナのサイズは、着用感やスタイリングに影響を与える重要な要素で、自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。

ラグジュアリーな時間 URL 2024年01月20日(土)11時55分 編集・削除

私は日本の超高級コピー品独立サイトの 担当者であり、ラグジュアリーな時間旅グランドセイコーについて結論を述べます

時計で魅せる個性とブ URL 2024年02月27日(火)11時51分 編集・削除

個性を際立たせる時計の選び方と、それがパーソナルブランディングに与える影響について解説します。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー