記事一覧

IWC パイロット・ウォッチ・マークXVIIIを1週間レビュー

比較的シンプルなパイロット・ウォッチが多くの層に熱狂的に迎え入れられていることは、現代の時計製造における最も興味深いパラドックスのひとつだ。

IWCマークシリーズに関して私が初めて読んだのが、時計師の資格を持たない時計ライターであり、(もちろん)皆のお気に入りの業界きっての碩学であるウォルター・オデット氏の“マークⅫをチューニングする”特集だった。スーパーコピー時計彼は文中でこのマークⅫを“パイロットとは無縁の人々に愛されるパイロットウォッチ”と評した(私がオデット氏をあえて時計師の資格を持たないと書いたが、もちろん彼がプロの時計師ではないものの、控えめに言っても彼はムーブメントに関して精通した人物だ)。少なくとも当初は、ムーブメントから最高の精度を引き出すために調整を試みる実験がマークⅫよりも関心が高かったのだが、他の例に漏れず次第にそのシンプルさ、明瞭さ、視認性の高さ、そして語るべき歴史を持つマークⅫそのものに惹かれていき、以来マークシリーズの進化と系譜に並々ならぬ関心を持って注目するようになった。

IWC パイロットウォッチ マーク18 ヘリテージ IW327006 スーパーコピー

カテゴリIWC パイロットウォッチ(新品)

型番IW327006

機械自動巻き

材質名チタン

ブレス・ストラップストラップ

タイプメンズ

カラーブラック

文字盤特徴アラビア

ケースサイズ40.0mm

機能デイト表示

マークXVIIIは概して特別な気を遣わずに毎日身につけられる時計であり、もちろんそれは誉め言葉である。装着しているうちに(実際1週間を数日オーバーしてしまったのだが)、手に取って、腕に巻いて、時刻を確認するとき以外は意識することがなくなるのに時間はかからなかった。直径40mm、厚み11mmのケースは程よくズッシリとしており、そのサイズは質実剛健な外観といえるが、パイロットウォッチとして使用するのでなければ、時計そのものが目立ってしまうことはない。

 


【関連記事】:http://shintarou.top/

コメント一覧

「王妃の時計」最新作 URL 2021年09月18日(土)15時09分 編集・削除

スノーセッティングダイヤモンドが手元に極上の気品を添える「王妃の時計」最新作!|ブレゲ『クイーン・オブ・ネイプルズ 8938』

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー